読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巣立ち

f:id:ikiruoka:20170316185631p:plain

※今日は与謝野晶子風にブログ書きます。

※今日は体の調子がええ(*´`*)


これは、昨日の話だ。(昨日記せ、という意見は一旦、心の引き出しにしまおう。)


朝6時起床はおらにはやっぱり無理だ。

そんな眠気を抱きながら、大草原に横たわるかのように、朝食後、ぼーっとしていた。


爽やかな睡眠を切り裂くように、隣から奥さん!奥さん!と連呼する声がする。

どの奥さんや。

そんなことを思いながらまた眠りにつくと、

サッとカーテンが開く音がかすかにした。


隣のカーテンだ、隣のばあちゃんだ。

おらはスーパーハイパーだらしない格好で

YouTubeを聞いていたから、

完全にオフのユーチューバーだ、と

ばあちゃんは思っていただろう。


イヤホンを取り、耳を傾けてみると、

トイレ行きたいからナースコール押してくれ、とのことだった。

おらは久しぶりに与えられた

おらにしかできない、

おらを必要としてくれているんだ

という使命感に駆られ、喜びを感じ、

力一杯ナースコールを押した。

「隣の方がお呼びです!」と。


明くる朝、つまり今日、

ばあちゃんは退院することになっていたようだ。

荷物をまとめ、ひと段落したんだろうか、そんな頃、

ばあちゃんの娘さんがおらのとこへお礼に来てくれた。

お菓子をくださった。

現代の言葉で言うならば、

ヤサシミ、、、_(:3」z)_だろう。


おらは、かまへん、かまへんと心の中で思った。

ばあちゃんよ、元気に巣立っていけ、と

「ご退院おめでとうございます」

そう言いながら、心から願った。